メニュー 閉じる

silver925(シルバー925)とは?素材の話

シルバー925素材

アクセサリーの業界では一般的に語られる言葉であっても一般的にはそこまで認知されていない物って多数あります。
アクセサリー、ジュエリーの中で基本のキに当たる素材についてまとめていきたいと思います。
第一弾はメンズの世界では圧倒的人気を誇るシルバー925について。
近年はレディースアクセサリーも本格的なシルバー925アクセサリーは大人気になってきてます。
一体見た目がシルバー色のアクセサリーとシルバー925にはどういった違いがあるのか?そういった点も含めてお話させていきたいと思います。

シルバー925とは

シルバー925とは銀とその他の金属(銅など)を混ぜ合わせた金属になります。
その際の銀の含まれる純度が92.5%であることからシルバー925と呼ばれます。

一般的に市販されているシルバー製と呼ばれる商品はこのシルバー925を用いて製作されていることがほとんどとなります。

92.5%と一見中途半端な純度で混ぜ合わされるのは強度面に優れ、シルバー本来の良さを失わない絶妙のバランスとされているからであり
シルバー925は残りの7.5%に銅が使用されている場合に限り純銀として扱って問題ないものとなります。
こういったシルバー925はスターリングシルバーと呼ばれ”本物の価値”として扱われます。

つまりシルバー925の中にも厳密には2種類存在し、銀と銅のみで構成されたシルバー925=スターリングシルバー、銀と銅以外の素材で構成されたシルバー925、こちらはスターリングシルバーとは呼べません。
近年の個人輸入の活性化でアジア圏等から海外輸入等して販売されているシルバー925製品はこういったシルバー925製品が多くありますので注意が必要になります。
たまに見聞きするシルバー925でもアレルギーが出た、といった場合はこういった可能性もありますので色々判断が難しいです。

シルバーとシルバー925の違い

市場に出回っているアクセサリーは素材の明記などなく、例えば color:silver なんかだけ書かれていたりする物も多いですよね。
単なるカラーがシルバーの物と素材がシルバー925の物は一体どういった点が違うのか?

価値の違い

一番のポイントとしてはまず価値そのものの違いがあります。
銀が非常に高価な物ですというわけではないですが、単純なメタル素材と比べると雲泥の差が生まれます。
銀はその素材自体が売買され投資される素材である点も含め価値のある素材と見なされます。

耐久性の違い

それでは実際の使用面でどういった違いが生まれるのか?という点ですが、シルバー925というものは素材そのものが銀色の輝きを放っているわけなので
手入れ次第でいつまでも新品同様の輝きを取り戻せる点にあります。
黒ずんでしまっていても手入れをすれば輝きが戻るのでいつまでも使用できる点が最大のメリットでしょう。
シルバーカラーの商品はだいたいの場合はメッキでシルバー色にしているため、剥げてきて変色がおこります。
こういった場合は手入れだけでは戻す事が出来なくなり、結果、高い修理費を出してメッキをしてもらう必要があります。

アレルギーの出やすさ

こちらも気にされる方が多いかと思います。
シルバー925は素材的にはアレルギーはかなり出にくい部類に入ります。
一般的なシルバー色の製品は素材が何か不明なため、アレルギーの懸念がどうしてもついてまわります。
また、安価なアクセサリーであればあるほど、メッキの下処理にニッケルが使用されているためさらに金属アレルギーの注意が必要になってしまいます。

シルバー925の魅力

先ほどの内容と少し重複してしまいますが、シルバー925を選択することの魅力とは何なのでしょうか?
またどういった人が購入するにおすすめなのか。

先ほども述べた通り、最大の魅力としてはいつまでも使えるという点でしょう。
手入れを繰り返す事でほぼ一生物としてお使い頂けます。
もちろん使い方や手入れ次第では破損等は起こりますのでその点がご注意を。。

”シルバー本来の輝き” これも魅力のひとつですね。
銀は金属の中でお最大級の反射率を誇ります。磨きあげることでプラチナ以上の輝きを放つ素材がシルバーの持ち味です。

どういった人におすすめか

上記をふまえても一つの物を長く使う傾向のある方は、安価な素材の商品を選ぶより、シルバー925製の商品を選ぶ事をおすすめします。
シルバーのお手入れすることも楽しんで育てていく感覚でいられる方はとてもおすすめです。
こういった経年変化を楽しめる点がメンズでは人気の秘訣なのかもしれないですね。

逆に、いろいろな種類のアクセサリーを集めたいし、その日その日の気分で色々使い分けたい方は安く沢山購入できるシルバーカラーの製品を選ぶのも良いかと思います。

手入れのポイント

シルバー925の手入れ
良いことばかり書いてきましたがシルバー925、もちろんデメリットもあります。
シルバーは変色しやすい素材なので使っているとどうしても黒ずみのような変色を起こします。

つまり、シルバーはお手入れ(メンテナンス)必須のアクセサリーとなります。
この点がめんどくさく、避ける方も多いかもしれないですが慣れてくると簡単ですので覚えて頂いて是非チャレンジしてほしいですね。

1.シルバー付けっぱなしにしない
2.外すときには軽くやわらかい布等でふき取ってあげる
3.汚れがひどくなってきたらシルバークロスや、シルバークリーニング液等で手入れしてあげる

一般的にはこの繰り返しです。
後は着けない時の保管はなるべく空気の触れない環境にしてあげるといった具合でしょうか。
これだけでもきれいな状態でずっと使って頂く事が可能です。

長年使い続ければ深い傷等も出てきてしまいますがメーカーやブランドにメンテナンス依頼することで
磨きなおして頂けることがほとんどですので相談してみると良いでしょう。

素材を見分けるポイント

一般的にお店で売られている物で見た目では中々見分けるのは難しいと思います。
店員さんに聞く!これが一番早いのですが購入する気もない状態だと中々店員さんとお話しするのもおっくうになります。
さっと自分でどうなんだろう?と見分ける判断基準ですが
よくサイトで書かれている”刻印を見ろ”といったことも店ではなかなか難しいですよね。
ブランドによってはシルバー925でも刻印を入れていなかったり、シルバー925でないものにも刻印を入れている悪徳な業者もある可能性もあります。

なので一番わかりやすいのは、素材のボリュームの割に安すぎる物や、ショーケースで売られていない物は925でない可能性が高くなってきます。
ガラスケースやショーケースで売られていない場合、シルバーはどうしても変色が進んでしまうため黒ずんで商品にならなくなってしまいます。
そのため空気に触れずらい環境で扱われる場合が多いですね。
カジュアルなショップやストリートなショップの場合は直においている場合もあるのでこの点だけでは判断しずらいので値段も含め見分けて頂ければと思います。
見た目としては安価な素材にメッキを施している場合のシルバーの色味はやや黒味が強いシルバーといった印象を受けますのでそういった点も見分けられるとなおGOODです。

メッキされているのにシルバー925?

メンズにはあまりないのですが、レディースのジュエリーに関してはよくある手法です。
シルバー925を用いて製作しており、その上からさらにコーティングとしてロジウムメッキを施す事がレディースでは一般的です。
これは手入れを楽に行ってもらうために施している場合がほとんどです。シルバー磨き等で磨く習慣がない女性が大半だと思いますのでこういった形が主流化したのではないでしょうか?
近年ではシルバー本来を楽しんでもらいたいとコーティングをしないレディースのシルバーも多くみられるようになってきましたね。

どちらが良い悪いではないので自分の生活習慣と照らし合わせて選ぶのが良いかと思います。

よく似たシルバー950や900とは

基本的にはシルバー925がほとんどだと冒頭でお話ししましたが中には少し違った記載の素材もあります。
シルバー950やシルバー900、こういった物はもうお分かりかと思いますが銀の含まれる純度の違いになります。
95%が銀の物をシルバー950と呼び、90%含まれるものをシルバー900と呼びます。
900nアクセサリーはあまり見かけないと思いますが950の物は1点1点叩いて製作された商品等は使われている事がよくあります。
叩いたり曲げたりを繰り返す場合にはより粘りが強くなる950の方が制作性に優れているので用いる作家さんも多いからだと思います。

まとめ

といった具合で第一弾としてシルバー925についてのお話をまとめてみました。
こういった知識も踏まえてアクセサリー選びをするとまた今までとは違った目線で物を見れたりするので少しでも頭の片隅に置いておいて頂ければ嬉しいです。
磨き布で磨いてあげて輝きを取り戻した時の喜びや手入れを繰り返していると本当に愛着が湧いてきます。
是非楽しんで手入れを行って頂けるぐらいのアクセサリーと出会って頂ければと思います。

【アクセサリーの知識に関するおすすめ記事】

素材別アクセサリーのお手入れ方法とお手軽なグッズのご紹介

アクセサリーはお気に入りでよくお使いの物ほど、汚れや傷が目立ってきてしまいます。
肌に触れる機会が多いため、汗汚れ等様々な環境にされされるアクセサリーですが、お手入れ一つでいつまでも輝きを保たせる事も可能です。
今回は取扱いのお手入れグッズと合わせまして素材事にアクセサリーの簡単なメンテナンスをご紹介いたします。