メニュー 閉じる

ご存知ですか?アクセサリーの種類と名称

アクセサリーの種類と名前

今回は一般的なアクセサリーの種類をご紹介致します。
着けたい物のイメージはあるのに名前が分からないなど、そういったときには是非活用下さい。
指輪、ネックレスといった代表的な物から少し特殊なものまで、わかりやすくお伝えできればと思います。
自分の好きなアクセサリーの種類を知れば、希望の商品を探す際にも役立つかと思いますので好きな物から少しずつ覚えていって頂ければ良いかと思います。
*随時更新

アクセサリーの種類

アクセサリーは昔からの呼び名であったり、時代とともに変化していったりと、様々な種類と呼ばれ方があります。

一般的にどのように呼ばれるモノなのかを一覧としてご紹介していきます。

首回りのアクセサリー

アクセサリーの種類:ネックレス

首回りの名称はひじょうにさまざまなものがあります。
メンズ、レディース問わず様々な呼び名のものがございますので、その中でも特に知名度の高いものから順次ご紹介していければと思います。

ネックレス

ネックレスのイメージ

ネックレスに関しましては説明の必要がないかと思いますが、代表としてまずご紹介させて頂きます。
ネックレスは首につけるもの全般を総称しますので下記で説明するものもネックレスと呼べるものたちとなります。
首回りで付けるもので名称に困った時にはとりあえずネックレスと言えば間違いないので大きな枠と捉えてもらえれば問題ないでしょう。

チョーカー

チョーカーのイメージ

チョーカーとは一般的には”短いネックレス”と考えてもらえれば問題なしです。
首回りに沿う形で装着される物を指す言葉として用いられます。
最近ではチェーンではなく、金属線で仕上げられた物を指す言葉としてもよく用いられます。
首に巻き付く印象が強く女性には人気の高い長さですね。メンズはあまり見かけない長さになるかと思います。

ペンダント

ペンダントイメージ

ペンダントも昔より使われる名前の一つですね。
最近はネックレスとひとくくりに呼ばれることも多いのであまり聞かなくなってきた名前でもあるかもしれません。
ペンダントはトップに何か飾りがぶら下がっている場合に用いられます。
今は特に大振りのトップがある場合のみ用いられることが多い印象を受けます。メンズではコインをモチーフにしたものなどが人気でしょうか。

ドッグタグ

ドッグタグとは軍隊の個別認識に用いられたプレート状のネックレスです。
この形をベースに様々なブランドが打ち出していますね。
基本的にはネームであったり、血液型であったりを刻印されており、ブランドのアクセサリーも様々な文字を刻印していたりします。
ブランドによってはオリジナルで自由な刻印を受け付けていたりと非常にオリジナリティーの高いネックレスの好む方にはいいのではないでしょうか。

ROLE扱いのネックレス

メンズネックレスへ レディースネックレスへ

腕回りのアクセサリー

ブレスレット 種類と名前

腕回りも男女ともに様々な呼び名のアクセサリーがございます。
今回は日本での呼ばれ方に絞った形でご紹介させて頂きます。

ブレスレット

ブレスレットのイメージ

ブレスレットは普段アクセサリーを付けない方でも聞きなじみはあるかと思います。
こちらも困った際は腕につけるものはブレスレットと言い表してしまっても問題ないかと思います。
一般的な意味合いとしましては、留め具を用いて留める物、でったり、チェーンや紐のように動きの出る物を総称して呼ぶことが多いですね。

バングル

バングルのイメージ

ネイティブアクセサリーなどの流行もあったためか、近年よく聞くアクセサリーの一つですね。正確な意味合いとしては金属であったり木材であったりが円形に輪っかになっている物のことを呼ぶ言葉ですが、日本では輪っか状も隙間の空いたものも含め、グネグネと動きが無く、腕にパコっと付ける物を全般的にこう呼びます。
大振りの物も多く、腕回りでおしゃれな印象を出したい方はぜひチャレンジしてみて頂きたいアイテムの一つです。

カフ

カフのイメージ

日本ではこちらもバングルとほぼ、同義で使われますね。
ただ、メンズではカフと呼ぶことがほぼほぼ無いため、聞く機会があるとすれば女性系のアクセサリーに絞られるかと思います。

ミサンガ

ミサンガ
参照:ZOZOTOWN

一般的には紐状の物を編み込んだ物に用いられることが一般的です。
昔は付けっぱなしにして切れると願いが叶うとされていましたが、現在はふつうにファッションアイテムの一つとして付けられている方も多いかと思います。
カラフルな色合いの物が多いのでカジュアルなスタイルが好きな方は似合いやすいかと思います。

リストバンド

レザーリストバンド

一般的に腕に帯状の物が巻き付いた形の物をこう呼ぶ事が多いです。
スポーツではタオル状の汗を拭く腕に巻く物もこう呼ばれます。
ファッション的には素材は様々で、レザーからラバー状のものまで多くの種類の物が扱われています。

ROLE扱いのブレスレット

メンズブレスレットへ レディースブレスレットへ

指回りのアクセサリー

リング・指輪の種類と名前

アクセサリーをお好きな方はまずここから始まる方も多いかと思います。
指回りの付け方一つで個性を引き出せますので是非自分流の付け回しを目指して頂きたいところです。

リング・指輪

リング・指輪のイメージ

指につける物を総称してこう呼んで頂いて問題ありませんね。
基本的には指に付ける輪っか状の物をこう呼びます。
現在はサイズなどを気にしないで付けられるように考えられた輪っかの一部に隙間があるような、フリーサイズリングなども人気です。

付ける位置で名称が変わります

ひとくくりに、リング、指輪と呼ばれますが付ける指の位置だったりで呼び名が変わります。 よく耳にする二つを紹介致します。

小指に付ければピンキーリング

基本的には指輪の中でも、小指に付けるサイズの小さな指輪をこう呼びます。
特に女性には人気の高いアイテムの一つです。
小指なのでサイズが小さく、良い素材を使用したものも比較的取り入れやすい価格だったりもします。

関節の間に付ければファランジリング

一時期流行しており知名度もあがったファランジリング。
指の根本ではなく、間接の間に付けられるリングを総称してこう呼びます。
基本的には華奢なリングの物が多く、非常に女性的な見た目になります。
メンズではなかなかお目にかかることのないリングですね。

ROLE扱いのリング

メンズリングへ レディースリングへ

耳回りのアクセサリー

 イヤリング 種類と名前

昔は女性だけの物のイメージが強かったアクセサリーですが、メンズの方も付けてるのが一般的になりましたね。
大きく分けて3種類ご紹介させて頂きます。

イヤリング

イヤリングイメージ

基本的には耳に付ける物を総称してこう呼んで頂いても問題ありません。
日本ではイヤリングと言えば、耳に穴が空いていないかた向けのアクセサリーを指す言葉として用いられることが多いです。
イヤリングはどうしてもパーツが大きくなってしまうため、比較的大振りの場合はこちらのタイプが採用される事が多いです。

ピアス

ピアスのイメージ

ピアスは日本独自の言葉にはなりますが耳に穴が空いている方のみ着用できるアクセサリーになります。
ポストと呼ばれる細い棒状の物を耳の穴に通すことで装着できます。
耳に穴を開ける必要がありますが、金具部分を小さくする事ができるため、非常に多くのデザインが選べる利点があります。
ピアスは小さいものは非常に小さくなくしてしまう場合も多いのがデメリットです。
キャッチと呼ばれる受け手側のみ紛失してしまうリスクなども伴います。

イヤーカフ

イヤーカフはC型になってカポっと耳にはめるような形状の物をこう呼びます。
利点としては耳に穴を開けなくても良い。
大振りから小ぶりなものまで対応可能。
イヤリングのように耳を圧迫しないため、痛くなりずらい物が多いのが特徴です。
デメリットしてはやはり外れてしまうことがあるという点でしょうか。

ROLE扱いのピアス

メンズピアスへ レディースピアスへ

その他のアクセサリー

その他の部位にお使い頂くアクセサリーを一部ご紹介させて頂きます。

トゥーリング

基本的には足に付けるリング全般をこう呼びます。
基本的にはレディースのアクセサリーで夏場などに重宝します。
メンズはほぼ無いと思って頂いて問題ないかと思います。

アンクレット

足首に装着するものをこう呼びます。
こちらはメンズ、レディース問わず、様々な種類、素材の物が各ブランドより発表されていますね。
細身などでさりげなく付けている方が多い印象を受けます。

グラスコード

メガネに取り付けて、メガネを外しても首からぶら下げていられるアイテムです。
昔は老眼鏡用などに用いられていましたが近年はオシャレアイテムの一つとしては様々なブランドが販売しております。
ビーズを用いたカラフルな物や、レザーを使用したシンプルな物が見る機会が多いように思います。

今回は代表的なアイテムをざっくりとではありますがご紹介させて頂きました。
少しでもアクセサリーに興味をもって頂ければ幸いです。
是非お好きなアクセサリーを探してみてくださいね。

【こちらの記事もおすすめ】