メニュー 閉じる

スパイニーオイスターシェル?希少性抜群のビーズブレスレット

スパイニーオイスターシェル

本日のピックアップアクセサリーはHERGOの中でもひと際目を引く赤色が特徴的なスパイニーオイスターシェルを使用したビーズブレスレットのご紹介です。

スパイニーオイスターシェル?とは

Spiny oyster shell (スパイニーオイスターシェル)とは何なのか。
ネイティブ系のアクセサリーがお好きな方には聞きなじみがあるかもしれません。
インディアンジュエリーとしてアメリカでは愛されてきたビーズなのでヴィンテージのインディアンジュエリー等ではよく使われていたりします。
今でもその独特の色合いから人気の非常に高いビーズです。

輸入規制等もあり日本での流通量も非常に少ないため、とても高価な扱いを受けるビーズの一つになります。
その正体はオイスターなのでずばり”牡蠣(カキ)”になります。
ただ食用ではないため、漁獲量が乏しかったのも希少性を押し上げているのかもしれないですね。

今回HERGOが採用している深い色合いのレッドの他にも、オレンジがかったカラーだったり、パープルカラーだったりと天然の色合いながら色合いが豊かな点も昔から愛されてきた理由ではないでしょうか。
シェルビーズの中でもひと際、希少性の高い人気のビーズなのでアクセサリーをお好きな方は覚えておいて損はないかと思います。

HERGOのスパイニーオイスターシェルビーズブレスレット

ROLEにて取扱いのHERGOよりリリースされたSpiny Oyster HYPER RED bracelet。
spyny-oyser-shell-beads-bracelet

ふんだんにスパイニーオイスターを使用したレッドブレスレットに仕上げられております。
使用されているビーズはなんとヴィンテージのインディアンジュエリーを解体し使用しているビーズになっております。
色合いや形に徹底的にコダワリを持って探されたビーズとの事で、一粒一粒に見入ってしまう魅力があります。

オリジナルパーツ部分にはパールからリアルに型を取ったシルバーにHEPER REDの文字が刻まれています。

またエンド部分にはアジャスターが採用されていますので長さの微調整も行って頂けます。
1985のブランドロゴチャームもこだわって作られており黒く加工を施した後に、1985のみ削り出して金色に輝いているのもユニークです。
1985チャーム

着用ルック

オイスターシェルビーズブレスレット

男っぽさも感じられつつ、すっきりと付けられる点もバランスを考えられているブレスレットです。
希少性も申し分なく、付けていてうれしくなる感覚も魅力です。

商品ページ

spyny-oyser-shell-beads-bracelet
スパイニーオイスターシェルビーズブレスレット | HERGO
¥19,440 (税込)
商品ページへ

BRAND: HERGO
「不自然な選択-1985-自然な日常」
意外な手法、素材を用いる事で違和感を生み出し、ブランド独自のデザイン、アイテムを提案
自然に着用でき、その人の個性をより深めてくれるスタイルを追求している
スタイリストとジュエリーデザイナーの2人によるアクセサリーブランド